スポンサードリンク

2013年09月15日

紫外線 影響

紫外線(UV)とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種(電磁波)をいいます。

実際に人の目には写らないものです。

紫外線は、波長の長さにより、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、
UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。

日常浴びている紫外線は、UVAとUVBで、UVCは大気に阻まれ地上に届くことはありません。


紫外線UV-Aは、5月に一番多く、ガラス、カーテンや衣服も通り抜け、
雲も通り抜けるため、いつの間にか肌にダメージを受けています。

シミやシワとして肌表面に影響が現れるのは、かなり後になります。

紫外線UV-Bは、真夏に多く、表皮のDNAや細胞膜を破壊し、
表皮に炎症や火傷といった皮膚のトラブルを引きおこします。

非常に強力なので、短時間でダメージを与える紫外線です。

紫外線は人を老けさせ、肌内部で起こる老化現象に注意が必要になります。

紫外線を浴びると、肌内部で起こる老化現象(シミ、しわ、肌荒れ、ニキビなど)の
原因となります。


・シミ

紫外線を多く浴びると、肌のメラニンを作る色素細胞の遺伝子が変異し、
メラニンを過剰に作る為、肌シミができてしまいます。

・しわ

皮膚にあるエラスチンやコラーゲンなどの、ハリや弾力に関わる繊維を細かくきってしまう
酵素を生成してしまうので、肌にシワができます。

・髪へのダメージ

紫外線が髪にあたると、髪のメラニンが変異し、キューティクルが傷み、髪がぱさつきます。

・免疫力の低下

皮膚の免疫を担当する細胞を紫外線が破壊してしまうので、ウイルスや細菌に感染しやすくなり、
結果体調を崩します。


・眼精疲労

活性酸素は、紫外線を受けて発生するため、目の老化防止に紫外線は避けましょう。

・白内障

眼球にある角膜を通過し、水晶体へダメージを与えてしまうので、白内障になります。

・皮膚がんの原因

紫外線が皮膚細胞に吸収され、遺伝子を傷つけてしまうので、皮膚がんの原因になります。



シミ あきらめないで!!!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。