スポンサードリンク

2013年09月12日

体の内からの紫外線対策


塗るだけでは、紫外線は防げません!!

紫外線予防効果のある栄養素は、紫外線の影響で発生するこれらの活性酸素を分解するために
必要なものです。


日焼け止めは、どれだけ塗っても汗や水で流れるので、完全に
紫外線を避けることは不可能になります。

体の内からも、紫外線の影響を防ぎましょう。


日焼け止め効果のある栄養素(朝から摂るとよい)


・ビタミンE

脂溶性ビタミン
ビタミンEは、細胞膜の酸化を防ぐため紫外線対策に効果的です。

ビタミンEには、末梢血液循環を改善する効果があり、肌の新陳代謝も活発になるので、
美肌効果もよ期待できます。

ビタミンEを多く含む食材には、アボカド、ひまわり油などの植物油やマーガリン、
アーモンド、ナッツ、落花生、小麦胚芽、ゴマ、大豆などがあります。

強い抗酸化作用のあるビタミンです。

ビタミンCといっしょにとると、抗酸化作用がパワーアップします。


・ビタミンC

ビタミンCは、一度にたくさん摂っても、すぐに排出されてしまうので、
こまめに摂ることが重要です。

たくさんの量を一度に摂っても、ビタミンCの場合使い切れなかった分は体に残らずに
排出されます。

何回もこまめに摂取するのが効果的です。

ビタミンCを多く含む食材は、いちご、キウイフルーツ、アセロラ、みかん、ゆず、
レモン、ジャガイモ、さつまいも、ピーマン(赤、黄)、ブロッコリーなどがあります。


・β-カロテン 

脂溶性ビタミン
強い抗酸化作用を持っているため、身体全般の老化防止や、
肌・髪・爪を健康に保つといった効果があります。

βカロテンは、紫外線によって発生した活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、
皮膚の免疫作用を高め、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の発生を
抑制する効能があります。

βカロテンを多く含む食材は、 ニンジン ・ ほうれん草 ・ かぼちゃ ・ 
モロヘイヤ ・ 赤じそ ・ パセリ ・ ケール 
・ 春菊 ・ 小松菜 ・ せり ・ 大根の葉 ・ にら ・ 
パセリなどといった緑黄色野菜などがあります。


・セレン

酵素の一部として働くミネラルで、粘膜を強化し免疫力をアップします。

セレン(セレニウム)の場合は、すでに出来てしまった余分な活性酸素を直接分解します。

老化の原因とされる活性酸素を分解する事により、肌や血管など、体の老化を遅らせてくれます。

セレンを多く含む食材は、イワシ、まぐろ、かつお、うに、かれい、明太子、牛肉、若鶏、
ビ−ル、玄米、ネギなどがあります。

野菜や果物といった植物よりも、魚介類や肉類に多く含まれています。


・リコピン

リコピンには、しみの原因となるメラニンの生成を抑え、肌のみずみずしさを保つ
コラーゲンの量を増やして、シミ・しわ・たるみを予防する効果が期待されています。

リコピンとビタミンEを一緒に摂取すれば美白効果があります。

リコピンを効率的にとるには、生トマトより加熱したトマトのほうがいいんです。

リコピンを多く含む食材は、トマトやナス、ピーマン、スイカ、パパイヤ、
サクランボ、プラムなどに含まれています。


・カカオポリフェノール

カカオポリフェノールには、皮膚を修復する効果があるため、ココアを飲むと
紫外線によるダメージを受けた皮膚の修復効果が得られます。

カカオポリフェノールを多く含む食材は、ココアやチョコレートなどの原材料である
カカオに含まれる抗酸化作用のある成分です。


ココアは冷やして飲むとより皮膚の新陳代謝が活発になります。


・カテキン

紫外線等で突然変異したお肌の修復効果

抗酸化作用で肌細胞の活性化 

老化現象防止でアンチエイジング効果

皮膚の外側から取り入れるとカテキンの殺菌効果で、ニキビやアセモを防ぐことができます。
紫外線を吸収する性質があるので、皮膚の奥に届く前に紫外線をブロックして、
日焼けを防止し、美しい肌を作ってくれます。

カテキンを多く含む食材は、緑茶、煎茶、番茶、ほうじ茶などに含まれています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。