スポンサードリンク

2013年09月11日

日焼けした肌を回復させる

日中、外に出るときには、朝食や外出前に、β-カロチン、ビタミンE、ビタミンC、
セレンを摂りましょう。 

日焼け後には適切なケアが大切です。


〇日焼け後は、丁寧に冷やす 

日焼け直後はクールダウン

火傷をした状態なので、丁寧にしっかり冷やすことが大切です。

いきなり氷や保冷剤で冷やさず、水で濡らした柔らかいタオル等で赤くなった場所を、
軽く押さえつけるように丁寧に肌を冷やすようにしましょう。 


〇こまめな水分摂取を心がける

日焼け後の肌は、とても乾燥しています。  

体の中の水分がどんどん出ていっているので、こまめに水分をとるようにしましょう。


〇お風呂はぬるめのシャワーにする

日焼けで、肌は火傷をしている状態なので、熱いお風呂はやめて、
ぬるめのシャワーが良いでしょう。 

できるだけ刺激を与えず、軽く汗を流す程度にしておきましょう。

顔や体を拭く時は、柔らかいタオルを軽くおしつけるようにふき取り、
こすらないようにしましょう。 

保湿は、化粧水などは使わず、こまめに濡れタオルを肌に当て、
肌を冷やしてあげましょう。 


〇毎日の食事で肌の修復を行う

新しい元気な肌の細胞を作るには、亜鉛やα-リノレン酸が必要になります。 

紫外線で発生した活性酸素の影響は、ビタミンA(カロチン)、ビタミンC、ビタミンE、
ビタミンB群やL−システインなどの抗酸化作用のある栄養素がおすすめです。

日焼け後は、シミの発生を防ぐために、ビタミンCをこまめに摂ることを心がけましょう。 

夜は、いつもより早く眠ることで、充分な睡眠をとることも大切です。















×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。